ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

演奏家の楽器調整見学

金曜日。新幹線に乗って某弦楽器専門店に出かける。若手演奏家の楽器調整を見せて頂いた(こんな機会はめったになく、非常に貴重な機会)。

楽器は非常によい楽器で、駒のちょっとした位置や削り方、表面のちょっとした状態の変化で大きく音が変化する。こんなに敏感かと思うほど、ちょっとの加減で音が大きくなったり、柔らかくなったり。

弓の毛に張る向きがあるなんて知らなかったし、駒あたりの松脂の粉で音が変わるなんて考えもしなかった。

演奏の技術についてもいくつも発見があり、非常に良い勉強になりました。演奏家の方、お店の方に大感謝です。

 


 

ヴァイオリン入院

あわせて、自分の楽器(1号ヴァイオリン:メインで使っているオールド楽器です)の修理をお願いしてきた。板が剥がれている疑いがあったし(見て頂いたらパフリングの浮きらしい)、ネックが下がっていること、指板が削れてしまっていること、減りすぎているニスのタッチアップ、その他悪いところは全部ということで。

2号ヴァイオリン(小型のオールド楽器)や3号ヴァイオリン(30万円新作楽器(練習用))に比べ格段に弾きにくく音程が取りにくい状態になっていた。音は非常に立派なのだけれども、あまりに弾きにくいので購入以来5年目にして初めて大修理。

レッスンの質は絶対に落とすことができないので、無理を言って良い楽器をお借りした。グラズノフの協奏曲やパガニーニのカプリースをレッスン(教える方)が控えているし、自分のレッスンもベートーヴェンの協奏曲。すぐに新しい楽器を弾きこなさなければ。でも、調整の取れた楽器はこんなに弾きやすいものかと改めて思った。

一ヶ月間程度の入院になる見込み。ちょっとさみしいです。



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム