ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

CDの販売開始しました

すみません。いちおうこちらでも宣伝させてください。

「練習曲動画ライブラリ」に掲載中の練習曲をCDにて販売させて頂くことにしました。事の発端は、海外からご覧の方から、通信環境の都合によりCDかDVDにして提供して欲しいというご要望を頂いたことによる。

で、CDにしてみたら思いのほか良い音で再生できて、それならとCDという形で販売させていただくことにしました。練習のご参考になればと思います。よろしければどうぞご利用下さい。

http://www.violinwakaru.com/artcl/00/CD.html

 


弓の毛替え

弓の毛が滑るような感じになってきたので毛替えを依頼した。毛替えについてご質問を頂くことが多くあるが、少しだけ(そのうち、きちんとまとめてHPの記事にします)。

毛替えはおよそ半年に一度お願いしている。期間で判断しているのではなく、松脂が付かない感じになったり、弓で弦をしっかり引っ掻くことができず滑るような感じになったら交換をお願いする。それがわたしの場合およそ半年に一度程度になる。

毛替えは概ね2つの弦楽器専門店のどちらかでお願いしている。別にそれほどこだわりはなく、わたしのスケジュールや移動に都合のいい方でお願いしている。

弓の毛の質は、良い方の弓(Jacob Euryという200年程度前の弓を使っています)には最上級の毛を、Morizotなど他の弓には中程度の毛で依頼する。これは単純に弓の質と値段との見合い。弓の毛の張り具合などは特に注文をつけない。

交換後は松脂を30往復程度(弓の毛が全体に白くなるまで)塗り、1週間程度はやや多めに松脂をつけて使用する。最初は粗い音や滑るような感じがすることもあるが、あまり気にせず使用している。

ご参考になればと。



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム