ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

お気遣い頂き有難うございました

昨日の「いんちき先生だって」の記事には多くの反応とお気遣いを頂きました。メールを下さった皆さま、mixiにコメントを付けて下さった多くの皆さま本当に本当に有難うございました。

該当の記事は、管理人の方が削除なさったようだけれども(検索エンジンのキャッシュでは見られますが)、まあ、実際のところ、口に出さないまでもわたしのことを良く思わない方もおられるかと思う。あんな奴がインターネットなんかで大きな顔をしやがって、と思われている面もあると思う。

非常に上手な演奏家やプロ演奏家を育成する優秀な先生は数多くおられるし、そういった方々には素直に敬意を表したいと思う。けれども、わたし自身は多くの愛好家の方にヴァイオリンを楽しんで頂きたいと思ってる。良い音が出れば何より楽しいはずだし、楽器を見たり、演奏家を知ったりする楽しみだってありうる。

少し住む世界が違うのだろう。今後も、多少なりとも摩擦が生じるかとも思うが、わたしはヴァイオリンの愛好家の側に立ちたいと思う。

今回は、本当に有難うございました。今後ともHPともどもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 


 

グァルネリ・デル・ジェス

火曜日の午後、秋葉原に出かける。何だか今日はメイドさんが一杯いるなあと思いつつ、CD-Rを購入し電子機器を見て回る。そこへ電話が。急遽楽器の撮影をとの内容。楽器はグァルネリ・デル・ジェスと。

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!! (秋葉にいるから、2ちゃんねる。)。

これまでストラディヴァリも10本以上撮影しているし、デルジェスも数本触っている。今回のデル・ジェスも値段を付けるなら何億円もするのだろう。けれども、別に緊張で手が震えるなどということはない。撮影を始めれば、50万円の楽器もストラディヴァリも同じ。50万円の楽器でも破損や傷を付けないように気を遣うし、ストラディヴァリだってびびっておそるおそる扱っていたら壊してしまう。

最高に良い楽器でした。弦をはじいても胴体全部がグワーンと鳴るし(あご当てが付いていなかったこともあり、弾いてはいません)、撮影も変な影や反射が無く非常に素直に進む。いかに物理的に理想的にできているかがわかる。自分にとっては、撮影しやすい楽器は優れた楽器といった価値基準がある。今回のはその点でもSクラス。

眼福。至福のひとときでした(^^)。



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム