ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

レッスン(教える方)

土日は教える方のレッスン。今週も13コマと多くの方にお越し頂いた。本当に有難うございます。

今回は、数ヶ月ぶりにお越しになる方が多く、とても嬉しかった。しばらく間が空くと、元気でおられるかな?と心配になったり、見捨てられてしまったかなと思ったりするので、久しぶりにお越しになるのはとても嬉しく思う。4回まとめてお支払いなどでお金をお預かりしたままになっている方もおられるので、そう言う場合も心配になる。特に有効期限などはないが、ご都合が良くなったらそのうちお越し頂ければと。

また、今回は楽器の相談を受けることが多く、いろんな面で考えさせられることがあった。お話を聞くと、やはり先生を介して購入するのはよくないと思うし、悪徳業者&悪徳教師も想像以上に多く存在しているとわかる。

うちに業者(普段利用しているところとは別の業者)から持ち込まれた話では、教師経由で生徒に売った場合教師への卸価格は定価の6割。30万円の楽器なら卸価格18万円で、残り12万円は教師の裁量ということ。ふざけんな!実際の楽器の価格はいくらなんだ!こんな事をしているから、いつまで経っても悪徳教師が消えないのだ(だいたい、教師を営業マンとしか見ていないところも不愉快)。

楽器の相談を受けた時は、わたしの使用している楽器や弓を弾いて頂いたり叩いて頂いたりすることが多い。自分にとっては、かなり理想に近い楽器なので、それが一番の答えになると思っている。

HPでもいつも書いているが、ぜひ機会を見つけて多くの楽器を触って叩いてして頂きたい。ヴァイオリン以外の楽器を弾けるのであれば、他の楽器も良い楽器を触って欲しい。楽器店のセールストークや鑑定書や作者名、また、伝説のような情報に惑わされず、ぜひとも楽器そのものの価値で判断するようにして頂きたい。

 


 

ヴァイオリン展示会

金曜日。シャコンヌさんの展示会を見に吉祥寺に出かけた。今回も目と耳が喜ぶ楽器と弓が多数展示されていた。一般的な目から見れば、ボロボロの古い楽器にしか見えないかもしれないが、古い楽器を見慣れた目から見れば、どれも良い顔。

いくつかの楽器店で展示会を行っているが、ぜひともこういう機会を見つけて良い楽器を見て、触ってをしてみて頂きたい。表板側の表情は?裏板側の表情は?スクロールの表情は?音は?と。できれば、展示されている全ての楽器を見て、触ってみて頂きたい。

自分の目と耳と手で判断すること。これが楽器で失敗しない最良の方法と信じている。

 


パソコン到着

注文していたノートパソコンThinkPad X61s(あえて、WindowsXPモデル)が到着。ちょっと嬉しい。8年も前から、IBMのThinkPadのXシリーズを愛用している(i1620→X31→X40→X32→X61s)。IBMからレノボになってしまったし、少しずつ品質の悪化を感じるが、それでも相変わらずの頑丈さと使いやすいキーボード。来年もこれで頑張って仕事をするぞ。

 

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム